躍進するサザンドラーの備忘録

レート2000を超えたい自称サザンドラーの日記 対戦関係以外にもいろいろ書くかも Twitter:@alphsoru635

単体考察:DS毒羽サザンドラ

f:id:alphsoru635:20170707112622p:plain

 

レート1800代の記事一つしかないのにも関わらず不思議なことにアクセス数600もいき(多いのかどうかは知らない)、さすがに記事一つで長らく更新しないのもまずいと思ったので今期メインとして使っているサザンドラについてまとめておく

 

一般的にサザンドラといえば悪の波動や流星群をメインとしたアタッカーが主流であるが、一定数ゴツメやラムを持ち持久戦を仕掛けてくるサザンドラが存在する。

有名なところで言えば本来の役割である対クレセリア性能等を保ちつつ第六世代のメガガルーラを対面から最悪相打ちに持ち込めるHBゴツメサザンドラや、対低速低火力ポケモン性能に特化したHDベースサザンドラであろうか。

他にも第五世代で対受けループを意識してゴツメサザンドラが採用されることがあったと聞いている。

※ 参考:PGL DATABASE(問題があれば削除します)

ランキングを見てみると、これらのサザンドラに採用されている技や性格、持ち物がちらほら存在しているのを確認することができる

 

今回考察するのは今紹介したサザンドラの一つである身代りを搭載した毒羽サザンドラである 

f:id:alphsoru635:20170520085826p:plain

サザンドラ@混乱実

B4C4D252S244

悪の波動or大地の力/毒々/羽休め/身代り

BC端数

Dぶっぱ

S最速ミミッキュ抜き


性質としては同じような技構成のグライオンに近いものがあるが、耐性の違いから相手にできるポケモンや動きは異なってくる

 

 守る+残飯に対する混乱実のメリット

・身代わりを張りつつ回復という動きがとれる

・守るの隙を突いたZワザや無償光臨の心配がない

・羽休めを入れるスペースができる

・↑の羽休めと合わせ、想定外のHP低下に対応しやすい

ただしターン(=毒ダメージ)を稼ぐ能力は劣るのでそこは羽休めで誤魔化したり後ろのポケモンと協力する

 

D振りの意図としてはサザンドラが有利な相手は特殊寄りのポケモンが多く、HよりもDに振った方が役割の遂行が確実になると考えたからである

 

ダメージ計算

 悪の波動

H252ヒードラン:26.2%〜31.8%

H252ギルガルド盾:47.9%〜57.4%

H252ギルガルド剣:112.5%〜134.1%

無振りメガゲンガー: 85.9%〜102.2%

H252メガゲンガー:69.4%〜82.6%

H252テッカグヤ:26.9%〜32.3%

大地の力

H252ヒードラン:78.7%〜94.9%

H252ギルガルド盾: 35.9%〜43.1%

H252ギルガルド剣:85%〜100.5%

無振りメガゲンガー: 65.1%〜77%

H252メガゲンガー:52.6%〜62.2%

無振りカプ・コケコ:71.7%〜85.5%

 

特化ギルガルドラスカノ:43.1%〜50.8%

シャドーボール:21.5%〜25.1%

C252メガゲンガーヘド爆:47.3%〜56.2%

C4メガゲンガーヘド爆:40.1%〜48.5%

特化眼鏡FCロトムボルチェン:21.5%〜25.1%

正直かなり不安の残る耐久であるがその分Sに回してあるので仕方がない

耐久を重視したHD毒羽サザンドラも後にまとめる予定(もしかするとこの記事に追加する形になるかも)

 

安定の悪の波動か遂行速度は早くなるが手も足も出なくなるポケモンが出てくる大地の力かはお好みで

筆者は大地の力を採用した

 

なお、HPを4n調整をすることで身代わりを張れる回数は少なくなる代わりに混乱実の発動を早くできるがそこも各自の好みで調節して欲しい

 

VS.ミミッキュシミュレーション

 

VS.ミミッキュ(初手剣舞)

ターン1:こちら身代わり、相手剣舞

(サザンドラHP3/4身代り残る、ミミッキュ無傷)

ターン2:こちら毒々、相手じゃれつく 身代り破壊

(サザンドラHP3/4、ミミッキュHP15/16)

ターン3~7:こちら身代わり、相手じゃれつく 身代り破壊

(サザンドラHP僅か、ミミッキュHP0)

途中影うちや呪いを挟まれたり交代されるかもしれないが、影うちを打たれて身代わりを不発にされるのは最後のミミッキュが倒れるターンのみであり身代わりを残せるので羽休めを挟む余裕ができる。交代された場合も同じく身代わりが残せるので同様。(勿論後ろからマンダガモス等音技持ち、マンムーパル等連続技持ちが出てきた場合は別だが)

なお、実際のプレイではミミッキュサザンドラを落とせずにそのまま落ちるといったことは考えられない上、ミミッキュを倒したにしてもサザンドラのHPは立て直しが困難な領域なのでこちらもある程度削れたら交代することを視野に入れておくこと

 

VS.ミミッキュ(初手呪い)

ターン1:こちら身代わり、相手呪い

(サザンドラHP2/4身代り残る、ミミッキュHP2/4)

ターン2:こちら毒毒、相手じゃれつく 身代り破壊

(サザンドラHP1/4ミミッキュHP7/16)

この場合はこれ以上呪いを負ったまま居座るのは危険なのでここで交代するのが理想かと思う

後に低火力特殊技に受け出したり上から身代わりを使ったりして混乱実を発動させ立て直したい

 

初手じゃれつくは身代り破壊後交代安定なので省略

何か新しい発見があれば加筆修正を行うこととする